ゴクラクチョウカ(極楽鳥花)について

ゴクラクチョウカ(極楽鳥花)

花言葉:全てを手に入れる、輝かしい未来、、万能、寛容、未来、恋の伊達者、気取った恋
原産地:南アフリカ
学名:Strelizia
英名:Bird of paradise
和名:ゴクラクチョウカ(極楽鳥花)
別名:ストレリチア、レギネ、レギネー
目名:ショウガ目
科名:バショウ科
属名:ゴクラクチョウカ属(ストレリチア属)
草丈:60cm~150cm
開花期:5月~9月
種まき期:4月~9月
毒性:有り
無料・フリー素材として提供しています。
関連カテゴリ:
咲く季節 > 夏に咲く
五十音順 > か行 >
五十音順 > さ行 >
花の色 > 黄・オレンジ

詳細

ゴクラクチョウカは南アフリカ原産バショウ科ゴクラクチョウカ属(ストレリチア属)の植物で、明治時代初期に日本に渡来してきました。
3属7種があり、日本国内では極楽鳥花は温室で多く栽培され、切り花の生産も行われています。かつては葉の形からバショウ科に含まれますが、クロンキスト体系ではショウガ目の中で独立した科となっています。
学名であるストレリチアの由来ですが、南アフリカで発見された後にイギリスに贈られた際の女王の出身家の名前がストレリチアだった為、この名前が付けられました。日本語名の由来は花の姿が「極楽鳥」のトサカに似ている事からこの名前が付けられました。なお、本種の果実はさく果です。

花のようす

鳥のトサカの様な花です。
黄色い鶏冠のような部分はガクで、青い尖ったクチバシのような部分が花弁です。
金属のような鋭い色合いをしてます。

葉のようす

葉は長さ40cmほどで幅が15cmほどで大きく楕円形をしています。

花のようす.2

青い部分が花弁、先端の尖ったところが雌しべの柱頭だそうです。

咲き始めの花

黄色いガクがまだ少ない

だいぶ傷んだ花

5月末に撮影。
ガク、花ともにだいぶ傷んでます。
しつこいようですが、黄色いのがガクで、青いのが花。


スポンサードリンク


見ごろの花

フヨウ(芙蓉)

花言葉:繊細な美、しとやか、微妙な美しさ、富貴、妖艶

サルスベリ(百日紅)

花言葉:あなたを信じる、雄弁、愛敬、活動、世話好き、潔白

タカサゴユリ(高砂百合)

花言葉:正直、甘美、威厳、純潔、無垢

ナツズイセン(夏水仙)

花言葉:深い思いやり、あなたのために何でもします、快い楽しさ

ムクゲ(木槿)

花言葉:新しい美、デリケートな美、繊細美、尊敬、柔和、信念

コマツヨイグサ(小待宵草)

花言葉:物言わぬ恋、浴後の美人、入浴後の乙女、移ろいやすさ

キバナコスモス(黄花秋桜)

花言葉:野生美、幼い恋心、絢爛

キクイモ(菊芋)

花言葉:陰徳、美徳、気取らぬ愛らしさ、恵み

キーワード検索

カテゴリから選ぶ
ワード検索(※花の名前はカタカナ)

サイトPR

花の写真集