ゴウダソウ(合田草)について

ゴウダソウ(合田草)

花言葉:収穫、はかない美しさ
誕生花:4月15日
原産地:ヨーロッパ
生育地:庭植え、道ばたなど
学名:Lunaria annua
英名:Honesty、Silver Shilling
和名:ゴウダソウ(合田草)
別名:ルナリア、ギンセンソウ(銀扇草)、ギンカソウ(銀貨草)、オオバンソウ(大判草)
目名:フウチョウソウ目
科名:アブラナ科
属名:ゴウダソウ属(ギンセンソウ属/ルナリア属)
草丈:40cm~100cm
開花期:4月~5月
種まき期:3月~6月
無料・フリー素材として提供しています。
関連カテゴリ:
咲く季節 > 春に咲く
五十音順 > か行 >
五十音順 > か行 >
五十音順 > ら行 >
花の色 > 青・紫

詳細

合田草はヨーロッパ中央部原産のアブラナ科の植物で、春に油菜や浜大根によく似た紫色の花を咲かせます。
1901年(明治34年)に東京美術学校教授の合田清氏がフランス・パリから種子を持ち帰った事から合田草と名付けられ、現代では北海道などで野生化しています。
別名として学名からルナリアとも呼ばれます。
花後、初夏に団扇に似た半透明の実がなり、ドライフラワーとして人気があります。(写真なし)

花のようす

花は紫色で4枚、アブラナ特有の十字型になっています。

葉のようす

葉は互生し形はハート形。ふちは鋸歯で細かいギザギザがある。

茎の様子


この花と同系統・近い花



スポンサードリンク


見ごろの花

フヨウ(芙蓉)

花言葉:繊細な美、しとやか、微妙な美しさ、富貴、妖艶

サルスベリ(百日紅)

花言葉:あなたを信じる、雄弁、愛敬、活動、世話好き、潔白

タカサゴユリ(高砂百合)

花言葉:正直、甘美、威厳、純潔、無垢

ナツズイセン(夏水仙)

花言葉:深い思いやり、あなたのために何でもします、快い楽しさ

ムクゲ(木槿)

花言葉:新しい美、デリケートな美、繊細美、尊敬、柔和、信念

コマツヨイグサ(小待宵草)

花言葉:物言わぬ恋、浴後の美人、入浴後の乙女、移ろいやすさ

キバナコスモス(黄花秋桜)

花言葉:野生美、幼い恋心、絢爛

キクイモ(菊芋)

花言葉:陰徳、美徳、気取らぬ愛らしさ、恵み

キーワード検索

カテゴリから選ぶ
ワード検索(※花の名前はカタカナ)

サイトPR

花の写真集