アカンサス / お花の写真集

アカンサスについて

アカンサス

花言葉:芸術、技巧、美術、建築、離れない結び目、不死、巧妙、友情、美を好む、気品ある振る舞い、信じ難い生命力
誕生花:6月10日 6月27日 10月13日
原産地:地中海沿岸地方(北西アフリカ、ポルトガルからクロアチア)
渡来時期:大正時代中期
生育地:林床や丘陵地の岩礫地、庭植えなど
学名:Acanthus
英名:Bear's Breeches
和名:ハアザミ(葉薊)
別名:ハアザミ、ベアーズブリーチ
目名:シソ目
科名:キツネノマゴ科
連名:ハアザミ連
属名:アカンサス属(ハアザミ属)
草丈:100cm~200cm
開花期:6月~7月
植え付け期:3月~5月 9月~11月
無料・フリー素材として提供しています。
関連カテゴリ:
咲く季節 > 夏に咲く
五十音順 > あ行 >
五十音順 > は行 >
花の色 >

詳細

アカンサスは地中海沿岸地方キツネノマゴ科ハアザミ属の多年草植物で、日本へは大正時代中期ごろに渡来して来ており、主に観賞用として栽培されています。
アカンサスの特徴はとても大きな葉で、古代ギリシアではコリント様式の建築に、アカンサスの葉が彫刻のモチーフとして用いられており、現在ではギリシャの国花とされています。

花のようす

花びらは筒状。花色は色は白、紫などがあります。

花のようす.2

花は穂状花序となる。

花の裏側

全体のようす

草丈は100~200cmほどでとても大きい。
葉っぱの大きさが目立ちます。

葉のようす

葉は楕円形で、羽状に深く切れ込み、縁に刺があります。ギリシャ時代からアカンサス文様として、建物の飾りとして使われていました。

根のようす

根はゴボウの様で、薬として利用できるようです。


この花と同系統・近い花



スポンサードリンク


見ごろの花

フヨウ(芙蓉)

花言葉:繊細な美、しとやか、微妙な美しさ、富貴、妖艶

サルスベリ(百日紅)

花言葉:あなたを信じる、雄弁、愛敬、活動、世話好き、潔白

タカサゴユリ(高砂百合)

花言葉:正直、甘美、威厳、純潔、無垢

ナツズイセン(夏水仙)

花言葉:深い思いやり、あなたのために何でもします、快い楽しさ

ムクゲ(木槿)

花言葉:新しい美、デリケートな美、繊細美、尊敬、柔和、信念

コマツヨイグサ(小待宵草)

花言葉:物言わぬ恋、浴後の美人、入浴後の乙女、移ろいやすさ

キバナコスモス(黄花秋桜)

花言葉:野生美、幼い恋心、絢爛

キクイモ(菊芋)

花言葉:陰徳、美徳、気取らぬ愛らしさ、恵み

キーワード検索

カテゴリから選ぶ
ワード検索(※花の名前はカタカナ)

サイトPR

花の写真集