ノアサガオ(野朝顔)について

ノアサガオ(野朝顔)

はかない恋、愛情の絆、優しい愛情、明日もさわやかに
誕生花:-
原産地:日本(沖縄県)
渡来時期:-
生育地:温暖なところ、海岸や崖、草地など
学名:Ipomoea indica
英名:Blue morning glory
和名:ノアサガオ(野朝顔)
別名:琉球アサガオ、宿根アサガオ、西表アサガオ、ケープタウンアサガオ
目名:ナス目
科名:ヒルガオ科
属名:サツマイモ属(イポメア属)
草丈:7m~10mほど
開花期:7月~11月
植え付け期:4月~5月
毒性:有り
無料・フリー素材として提供しています。
関連カテゴリ:
五十音順 > さ行 >
五十音順 > な行 >
五十音順 > ら行 >

詳細

ノアサガオ(野朝顔)は日本(沖縄県)原産ヒルガオ科サツマイモ属のつる性多年草植物で、海外では熱帯地域、亜熱帯地域に分布し、原産地である沖縄では低地の森林や藪、海岸付近などで多く見られます。
通常の朝顔と比べてとても植生が強く、ツルがとても長く、開花期も長いのが特徴です。また、朝顔の仲間ですが夕方まで花が咲き続け、花は日が当たる方向を向いて咲く為、花がよく目立ってとてもキレイです。花色は紫以外に白やピンクなどもあります。
本種は種が出来ず、差し芽で増やします。園芸品種が流通していますが、「琉球アサガオ」「オーシャンブルー」「宿根アサガオ」など多く名称で販売されています。

花のようす

花径は10cm程で、漏斗状。1日花で、午前と午後で花色が変わります。

花の横側、ガク

ガクは5枚。先端が尖り、反り返らない。

葉のようす

葉はアサガオより大きく、掌大のハート形。互生し、縁はツルツル。裏表とも毛が生えます。

葉の裏側とツル

葉の裏とツルにも、細かい毛が生えます。


この花と同系統・近い花



スポンサードリンク


見ごろの花

フヨウ(芙蓉)

花言葉:繊細な美、しとやか、微妙な美しさ、富貴、妖艶

サルスベリ(百日紅)

花言葉:あなたを信じる、雄弁、愛敬、活動、世話好き、潔白

タカサゴユリ(高砂百合)

花言葉:正直、甘美、威厳、純潔、無垢

ナツズイセン(夏水仙)

花言葉:深い思いやり、あなたのために何でもします、快い楽しさ

ムクゲ(木槿)

花言葉:新しい美、デリケートな美、繊細美、尊敬、柔和、信念

コマツヨイグサ(小待宵草)

花言葉:物言わぬ恋、浴後の美人、入浴後の乙女、移ろいやすさ

キバナコスモス(黄花秋桜)

花言葉:野生美、幼い恋心、絢爛

キクイモ(菊芋)

花言葉:陰徳、美徳、気取らぬ愛らしさ、恵み

キーワード検索

カテゴリから選ぶ
ワード検索(※花の名前はカタカナ)

サイトPR

花の写真集