オオキンケイギク(大金鶏菊)について

オオキンケイギク(大金鶏菊)

花言葉:いつも明るく、きらびやか、上機嫌、陽気、新鮮で華やか
誕生花:6月25日 7月8日 7月17日
原産地:北アメリカ
渡来時期:明治時代中期(1880年代)
生育地:海岸や河川敷、道ばた、コンクリートの隙間など
学名:Coreopsis lanceolata
英名:Lance-leaved coreopsis
和名:オオキンケイギク(大金鶏菊)
別名:-
目名:キク目
科名:キク科
亜科:キク亜科
属名:ハルシャギク属
草丈:30cm~80cm
開花期:5月~8月
無料・フリー素材として提供しています。
関連カテゴリ:
咲く季節 > 夏に咲く
五十音順 > あ行 >
花の色 > 黄・オレンジ

詳細

オオキンケイギクは北アメリカ原産、キク科ハルシャギク属の宿根草植物です。5月から8月ごろにキバナコスモスに似たとてもキレイな花を咲かせますが、繁殖力がとても旺盛で日本や台湾、南アメリカ、オーストラリア、サウジアラビアなど、とても広い範囲に移入分布する要注意外来種でもあります。
日本への渡来時期は1880年(明治時代)で、元々はワイルドフラワー(様々な自然環境に自生する野生の花の総称)として利用されていましたが、現在では栽培禁止とされています。
和名の由来は花が金色に輝き、形が鶏冠に似ている事からこの名前が付けられました。

花のようす

花径5cm程の黄色いコスモスに似た花。花弁には切れ込みが入る。

花のようす.2

八重咲きの花。

花のようす.3

葉のようす

葉は狭倒披針形。葉の大きさは個体差がある。

全体のようす

非常に繁殖力が強く、いろんな所に自生します。


この花と同系統・近い花



スポンサードリンク


見ごろの花

フヨウ(芙蓉)

花言葉:繊細な美、しとやか、微妙な美しさ、富貴、妖艶

サルスベリ(百日紅)

花言葉:あなたを信じる、雄弁、愛敬、活動、世話好き、潔白

タカサゴユリ(高砂百合)

花言葉:正直、甘美、威厳、純潔、無垢

ナツズイセン(夏水仙)

花言葉:深い思いやり、あなたのために何でもします、快い楽しさ

ムクゲ(木槿)

花言葉:新しい美、デリケートな美、繊細美、尊敬、柔和、信念

コマツヨイグサ(小待宵草)

花言葉:物言わぬ恋、浴後の美人、入浴後の乙女、移ろいやすさ

キバナコスモス(黄花秋桜)

花言葉:野生美、幼い恋心、絢爛

キクイモ(菊芋)

花言葉:陰徳、美徳、気取らぬ愛らしさ、恵み

キーワード検索

カテゴリから選ぶ
ワード検索(※花の名前はカタカナ)

サイトPR

花の写真集